高耐久化処理木材「O&Dウッド」のご紹介

 北海道森林組合連合会では、公共土木工事等の設計・発注担当者の皆さんに、道産トドマツ・スギ小径材を「高耐久化処理」を施した土木用木製資材「O&Dウッド」を使用した「木製校倉式工法」や「木製枠工」などを提案します。

O&Dウッドについて

O&Dウッドについて

O&Dウッドについて

「O&Dウッド」ニュース

2015.02.17
東京農工大学大学院の石川教授を招き「土木構造物における木材利用」に関する講演会を札幌で開催。(資料等はこちら)
2014.12
木製校倉式工法を採用した空知総合振興局森林室発注の治山工事が「全国治山林道協会長賞」を受賞しました。
(※画像は左記中段)
2014.04.01
「校倉式工法用木材」「木製枠」が道の平成26年度設計資材単価(森林土木)に掲載されました。(単価はこちら)

お問い合わせ

「O&Dウッド」に関するご相談、お問い合わせは下記ご連絡ください。

北海道森林組合連合会 指導部

担当者:大政(おおまさ)、石栗(いしぐり)